FC2ブログ

Entries

人の気持ち

子供が何か言いたそうな時、
でも、話しづらそうな時、
よく言います。

『あなたの思っている事は、
言ってくれないと分からない。
母ちゃんに、大体の事が予測はついても、
完全には知りえない。
母ちゃんの予測が外れているかもしれない。
言ってくれたのなら、
母ちゃんの経験の範囲内で、
助言をしてあげる事は出来るけれど、
話さない限り、始まらない。
話すか話さないかは、
あなた次第。』


母ちゃんだから、子供だから、
きっと分かってくれる・・・
それはあり得ません。

人の気持ちなんて、
血が繋がっていようがいまいが、
何を考えているのか、一字一句、
完全に分かり得る事なんてありません。
話してくれない限りは・・・

お医者さんだって、問診をします。
お家でも、同じ事をしなければ、
何も言ってあげられる事はできないし、
まして、何の解決にもつながって行かないと、
私は思っています。

話してくれた事が、
こちらが想像だにしていなかった事だとしたら、
それはこちらも焦るかもしれません。

でも、
しっかり耳を傾けて聞いてあげれば、
聞いてあげて、そうだね、つらかったんだね、
等と同調して少しでもスキンシップをしてあげれば、
それだけでも、気持ちは落ち着くと思います。

私の息子は、中一の時、
壮絶ないじめにあっていました。
一学期の終業式の日、
泣きながら帰ってきて一言、
『部活辞めたい』
それしか言いませんでした。
あんなに好きだったパーカッションを、
辞めたいだなんておかしい。
私にはそれだけしか分かりませんでした。

その時、上の青い文字の文章を、
息子に投げかけました。

時間はかかりましたが、
少しづつ話してくれました。

それは、予想だにしていなかった『いじめ』と言う事実でした。

あなたはどうしたいの?
答えがでないのなら、
一緒に探そう。
いつか見つけられるといいよね。
また自分の歩いて行く方向が分からなくなったら、
ここに来て、話をして。
いつでもいいよ。

そんな風に導いてあげられるといいな~と、
私は思います。

でもその時は息子に、こう言いました。
『逃げるのもあり。
でも、母ちゃんは逃げないでほしい。
パーカッション、好きなんでしょう?
あなたはまだ中一。
逃げた所で、顔も見るのが嫌なんでしょう?
だったら廊下で会ったら?
同じクラスになったら??
どうするの???転校するの???
社会に出たら、もっと壮絶ないじめだってある。
実は母ちゃんも経験者。
母ちゃんは、解決方法を知らなかったから、逃げた。
辞めたくなかった会社を辞めた。
でも、あなたには、今ここで、
解決方法を学んでほしい。
あなたが大人になった時、
困らないように・・・』

13歳の彼には、かなり酷な内容だったと思います。

彼だけに背負わせるのは当然、無理な事は承知でした。
なので部活の顧問の先生にも協力を要請しました。
まず、彼が言っている事が事実なのかどうかを確認してほしい、と。
事実なら、当人同士だけではなく、部活全体の問題として取り上げ、
解決へ導いて欲しいと。

大変理解ある先生でしたので、
息子の場合、引退まで辞めずに続けることができました。
この時の先生には、感謝しかありません。

会うは別れの始め
  どんな大事な人との出会いであっても
  人は生かされている限り
  必ず死から逃れる事はできないので
  出会いがあれば必ず別れがやってくる
  別れがあるからこそ
  人との出会いは財産になっていく事もあるので
  その人と過ごす時間を大切にしなければならない


そんな諺を思い出しました。
彼にとって、今まで出会った人々は財産になっているのかな・・・
これからも、納得できる人生を送ってほしいと願っています。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Extra

プロフィール

mayu*

Author:mayu*
*2014年10月に主人が他界。
*2019年4月現在、
 高3息子・小6娘と3人暮らし。
*前を向いて、
 少しづつ歩いています。
*パッチワークの、
 ドレスデンが大好きです♪
~自分らしく☆未来へ~

最新記事